FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平行線の利用をした角を求める問題②

 前回の続きで、「平行線の利用をした角を求める問題②」について紹介いたします!!

<参考書籍>
「中2 10分間復習ドリル 数学」
編著者:中学教育研究会
発行者:岡本明剛
発行所:受験研究社
株式会社増進堂・受験研究社

~「中2 10分間復習ドリル 数学」P35 35、平行線と角② 第2問の小問(2)より~



 今回もXの角度を求めますが、同位角や錯角になる角度がありません。

 ポイントは、補助線を利用すること。

 どう利用すればいいのか。まず、95度の頂点を通り、ℓ、mに平行な直線を引くと求めることが出来ます。この補助線が平行線扱いとなるのです。

 まず、上の30度は95度の上の部分が同位角。下の部分は95度から上の部分の30度を引くと65度求めることが出来ます。

 さらに、錯角により、Xの角度の隣が65度であるから、これでXが求められます。よって、180-65=115で、115度になります。

 補助線の利用は難しいところもあります。しかし、先に答えをなどを見て、研究していくとだんだんわかるようになります。ただし、時間はかかります。コツをつかんでいけば、早くできるようになるでしょう。

 さらに、こんな問題もあります。それは次回へ!!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。