FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平行線の利用をした角を求める問題⑨

 前回の続きで、「平行線の利用をした角を求める問題⑨」について紹介いたします。

<紹介した問題集>
「四訂版対応 中高一貫教育をサポートする 体系問題集 数学1 幾何編」
編者:数研出版編集部
発行者:星野泰也
発行所:数研出版株式会社

~「四訂版対応 中高一貫教育をサポートする 体系問題集 数学1 幾何編」 P48 第3章 1平行線と角 第6問 より~



 ポイントとなるのは、長方形です。

 長方形は向かい合った辺が等しいので、平行になります。これを利用します。

 錯角が等しいので、角Xと角aは等しい。

 また、さらに角aと角bは折り返した角は等しいので、

 これで角Xを求めることが出来ます。

 折り返したときに角度が一緒になるというのがポイントとなります。この問題だけでなく、いろんなところにも使うので、繰り返し、見ながらでもいいので、覚えておきましょう。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。