FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現存する参考書はすべて買う 「やってはいけない勉強法」

 今回、数学の勉強法というより、全教科にも関連する勉強法を紹介いたします。それは、「やってはいけない勉強法」で、「現存する参考書はすべて買う」について紹介いたします!

 一般的に「参考書や問題集1冊は最後までやりなさい」と言われた記憶はあると思います。私もそうでした。しかし、「1冊やりぬく」については凡人がやる勉強法です。天才などの人たちは同じ参考書や同じ問題集をほぼ繰り返さず、いろんな参考書や問題集をやって勉強しています。それもパラパラとめくって勉強してします。決して、ふざけているわけではありません。何回もパラパラとめくって勉強しています。いろんな問題集や参考書をみているおかげでほぼ全部の問題が分かるようになるという。


 ただし、高校入試の場合、全教科になってくるとかなりの金額になってしまいます。できれば全部ですが、難しい場合は自分の得意科目で全部の参考書や全部の問題集を買うという手はあると思います。自分の強みを強化することが大事だと思います。もし、得意科目がない場合は数学か理科をオススメします。
 まず、理科に関しては、分野が分かれてって、連動する内容がないので、取り組みやすいかと思います。社会ではもちろんどうようでありますが、歴史や地理や公民の要素が絡んでくるので幅広く勉強しなくてはいけません。そうなると理科がベストかと思います。
 数学に関してはですが、代数、幾何、関数などいろんな要素が絡んできますが、高校入試で一番左右されやすいのが数学です。数学を強化すれば、差が出ると思います。数学が難しい場合は理科をオススメします。もちろん、自分が得意な科目があれば、そちらに優先してください。その辺に関してはお任せいたします。
 ちなみに大学入試の場合は英語です。文系・理系関係なしに覚える量が沢山ありますので、英語を中心いくのがベストかと思います。もちろん、大学入試の場合は英語が左右される場合もあるので勉強していくのがいいと思います。完璧にせず、やることをオススメします。次に、数学です。数学も入試に左右されます。もし、英語・数学以外の得意科目があれば、そちらを中心にやりながら、英語・数学もやっていくのもいいかと思います。

 改めて、金額のことで悩むかもしれませんが、参考までに。


 ブログ「書籍と漫画の記録」にも「現存する参考書はすべて買う 「やってはいけない勉強法」」に関連する内容も紹介しております。詳しい内容は下のクリック!!
「1冊の参考書を繰り返すな! やってはいけない勉強法」(ブログ:書籍と漫画の記録)(ここをクリック!!)





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。