FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「誰かに教えられたこと」よりも「自ら問題を解くこと」が頭に残る 「最強の独学術」

 今回、数学の勉強法の一つというより、どの教科にも使える内容でもある「最強の独学術」で、「「誰かに教えられたこと」よりも「自ら問題を解くこと」が頭に残る」について紹介いたします!!

 今、学校では先生が生徒に教える講義スタイルは戦後からずっとやっていきました。しかし、生徒の成長によって違うため、ついてこれない生徒もたくさんいます。さらに、ノートをとって、生徒に聞いたりしてなどもしていますが、インプット中心では身につくことが出来ません。

 一方、独学では自分に合った勉強法をして、自由に学ぶことが出来ます。何を学ぶのかは自由です。また、気になった内容があれば、勉強してもいいのです。そうすれば、頭に残ることは間違いないと思います。

 今現在、アクティブラーニングが実施しているところは少ないところがあります。どうすればいいのか。自分自身、独学やっていくしか方法はないかと思います。もちろん、面白い先生がいれば、インパクトが残ることができ、はかどることが出来ます。

 しかし、残念ながら、面白い先生がいないのも事実です。(もちろん、面白い先生はいると思います。)先生はいろいろな仕事があって、授業の質が落ちているところもあります。(もちろん、やっていると信じています)さらに、中学や高校では部活などがあり、激務となっているのも事実です。

 生徒のためにやっている気持ちが分かりますが、先生も人間であります。先生の負担を少しでも軽くするためにも独学でやるというのも一つの方法だと思います。本当にわからない場合は聞いてもいいですが、できるだけ自分たちでやっていくのが賢明だと思います。

 最初に答えを見ても構いませんし、いろいろな参考書や問題集を買ったりしてもいいし、やり方は様々だと思います。やり方は一つだけ縛ることなく、複数のやり方でやっていくのがベストではないかと思います。

 そうすれば、自らやっていけば強烈に残るのも大事だと思います。


 ちなみに、ブログ「書籍と漫画の記録」でも紹介しています。よろしかったら、下の方をクリック!!
「「誰かに教えられたこと」よりも「自ら問題を解くこと」が頭に残る 「最強の独学術」」(ブログ「書籍と漫画の記録」より)はここをクリック!!




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。